毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

築90年!いいものを長く。機能美がつまった日本家屋のリフォーム

2015/03/20

築90年!いいものを長く。機能美がつまった日本家屋のリフォーム

一人暮らしのK様(80歳)。お孫さんご夫妻との同居を機に全面的なリフォームをすることになりました。年齢の差があり、生活習慣も違うおじいちゃんとお孫さんご夫妻を大きく包み込むのは、築90年の日本家屋。各世代がともに快適なリフォームプランができました。

築90年。蔵や納屋のある大きな日本家屋

今回リフォームを行ったのは、築90年の蔵や納屋のある大きな日本家屋。
広さはありますが複雑な間取りで、使われていない部屋もたくさんありました。また、隙間だらけで寒いことも悩みの種でした。

立派な蔵が、新たな家の顔に

K様が生まれる前から存在する蔵。強度的に問題の無い躯体(柱や梁)を活かし、今回のリフォームで、K様邸の新しい顏となる「玄関」に大変身しました。

玄関の吹き抜けには、90年頑張り続ける立派な梁

新しい玄関をくぐると、そこは吹き抜け空間。
上部には長い歴史を刻んだ、見事な松の曲がり梁が見えます。

「いいものを長く」建具や素材など細部までこだわり

左の引戸は蔵戸を再利用。また、右の玄関収納にはケヤキの一枚板を使用するなど、「いいものを長く使ってほしい」というリフォーム店「木楽」さんのこだわりが現れています。

壁や天井、床材をはじめ、断熱材にいたるまで、自然素材にこだわり、それぞれ、珪藻土や無垢のカラマツ、サーモウールを使用しました。実際住まわれてみて、暖かさや湿気の少なさ、消臭効果の高さを実感されているそうです。

和やかで穏やかな暮らしを実現

間取りは全て見直し、行き止まりの部屋を無くすことで回遊性をもたせました。キッチン奥の勝手口からは畑に繋がっているので、新鮮な野菜を採りに行くこともできるそう。

自然素材同様、「いいものを長く」という考えで、トクラスキッチンをご採用いただきました。実際使われてみて、「力を入れずにお掃除ができる」と、奥様も笑顔。V字型のシンクも、お孫さんご夫妻でキッチン・ダイニング両側から挟んで、仲良く洗い物をされているそうです。

関連リンク