毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

キッチンってどうやってできるの?工場見学~カウンター・シンク編~

2015/04/23

キッチンってどうやってできるの?工場見学~カウンター・シンク編~

ずらりと並んだカラフルなシンク。
トクラスキッチンは、静岡県の本社工場で一貫生産されています。
普段何気なく使っているキッチンですが、どうやってつくられているのでしょう?クラすーと行く工場見学、カウンター・シンク編です。

カウンターは丸ごと一体成形

まず機械から現れたのは、できたてホヤホヤのキッチンカウンター。
材料を型に流し込み、水返しからバックガードまで一体でつくられたカウンターは、均一の厚みでツヤツヤと輝いています。

クラすー「お家に合わせて1つずつ作っているんでスね。手で触れないほど熱くてびっくりでス(。@ω@。)」

シンクも1点ずつ注意深く

カウンターだけでなく、カラフルなシンクも1点ずつ丁寧に作られます。

1邸ずつ型で成形することで、廃材があまり出なく、環境にもやさしいというメリットも。

強いシンクほど繊細につくられる

カウンターもシンクも、つくるときのポイントは、温度と圧力。
とても丈夫なシンクですが、製造過程では季節ごとに素材の配合を変えるほど細心の注意が求められます。

クラすー「大切につくられているんでスね(。・ω・。)」

機械でできない部分はすべて手作業で

別々に作られたシンクとカウンターを、つなぎ目がわからないほどのなめらかさでつなぎあわせたら、最終チェック。

シンクとカウンターは、家庭でもお手入れしやすいようにあえて半光沢にしています。機械ではできない細かな部分は、すべて手作業で仕上げます。

仕上げは1台ずつ手磨きで

もともと汚れを落としやすいトクラスのカウンターとシンクですが、さらに使い心地を上げるために、キッチン専用のワックスがけをほどこします。
この、最後のひと手間が、使い心地の差につながるのです。

関連リンク