毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

バスタブ内の”ザラザラ”、なんでできるの?

2015/07/16

バスタブ内の”ザラザラ”、なんでできるの?

浴室のバスタブ内部をさわると、掃除をしているのにザラザラしている・・・ そんな経験、ありませんか?毎日お湯をはる位置に、線状の跡が付いてくることも。
「汚れがたまっている?」と思って、ゴシゴシとお掃除するのは、実はNGなんです!

バスタブ内がザラザラしている場合、まず試したいこと

ザラザラの正体、まずは湯アカの蓄積であることが考えられます。

湯アカとは、水道水中に含まれるカルシウム分と、体の脂肪分が反応してできた石けんカス。毎日お掃除をしていても、知らず知らずのうちに少しずつ蓄積し、表面のザラつきを感じることがあります。

そんな時は、無理にこすらず、中性洗剤を吹き付けてキッチンペーパーなどを貼り付け、しばらく置くことで汚れを浮かせます。2,3分おいた後、汚れを軽くこすりながら、洗剤をきちんと洗い流します。

浴室用クリームクレンザーを使用可能であれば、磨き洗いも効果的でしょう。(必ずバスルームの取扱説明書をご確認ください。)

それでもザラザラがとれない・・・!

それでも落ちない場合、ザラザラは、”劣化+汚れ”の蓄積かもしれません。

バスタブの素材にもよりますが、毎日お湯のあたる部分は年々弱くなりがち。弱ったバスタブを、掃除でゴシゴシと強くこすると、細かいキズが入ってしまいます。 細かいキズの入ったバスタブ表面は汚れが入りこみやすく、 ますます汚れがたまるという、悪循環を引き起こすのです。

また、汚れは水面に集まるので、毎日お湯をはる位置が同じだと、 その位置ばかりが汚れます。汚れを落とすために強くこすり、ますます汚れがたまる・・・・・その結果、バスタブに線状の跡が付いてしまいます。

ザラザラや、線状の跡を防ぐには?

表面のざらつきや線状の跡を防ぐためには、 掃除のときにバスタブ内をあまり強くこすらず、汚れは優しく浮かせて落とすとよいでしょう。また、洗剤は劣化の一因にもなりますので、 掃除後にきちんと洗い流すことも大切です。

毎日水位を少しずつ変えることで、”同じ位置ばかり汚れる”ことを防ぐのもいいかもしれません。

汚れや劣化に強いことが、清潔なバスタブを保つ秘訣!

汚れや劣化に強いバスタブを選ぶことも、バスタブを清潔に保つ秘訣です。

トクラスのバスタブ「エクラン」は、強くこすらなくても汚れが落ち、また劣化にも強いので、長年の使用で水アカがたまっても、浴室用クリームクレンザーで ツルツルによみがえります(^^)

関連リンク

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。