毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

好きな雰囲気はどれ?理想のキッチンカラーの選び方

2015/10/21

好きな雰囲気はどれ?理想のキッチンカラーの選び方

キッチンの色選びで、「どんな色を選んだらいいのかわからない・・・」と迷ったら、まずはどのような雰囲気のキッチン空間ですごしたいか、イメージをふくらませることでヒントが見つかるかもしれません。

ふんわり明るい空間を作るなら

毎日気分も明るく過ごせるような、ふんわりとした雰囲気の空間を作るなら、淡い色がおすすめ。

同じ淡いトーンでも、暖色系ならふわっとやわらかで温かみのある空間に、寒色系ならさわやかで清潔感のある雰囲気を作れます。

ぼんやりとした印象にならないように、小物でアクセントを加えたり、キッチンの色を2色使い(同系色で濃淡をつける・似たトーンで別の色を組み合わせるなど)にすることで、空間に変化がうまれますね。

印象的な空間を作るなら

キッチンスペースを、印象的な空間にしたい時には、ベーシックカラー(白・茶・黒)をベースに、全体の1割程度にビビッドな色をアクセントとして取り入れる方法があります。

「好きな色を使いたいけれど、鮮やかすぎてキッチン全体に取り入れるのは抵抗がある」、という時にも、一部に差し色としてなら取り入れやすいかもしれませんね。

シックで落ち着いた空間を作るなら

シックで落ち着いた雰囲気にしたい場合は、濃く暗めの色調を選ぶとよいでしょう。

色により、”洗練された落ち着き”も、”オーソドックスで飽きのこない落ち着き”も演出することができます。どちらの「落ち着き」を目指しているのか考えてみることで、ぴったりの色合いが見つかりそうですね。

”黒”ひとつでも、こんなに印象は違う

同じような色でも、少し色味やトーンが変わるだけで、空間の印象は大きく変化します。黒のキッチンは、高級感のある空間を演出しますが、色味を感じる黒なら一味違う雰囲気に。

例えば、無彩色の黒(写真左)を選べば、モノトーンのインテリアが似合うモダンスタイルによく合いますが、少し緑がかった黒(写真右)を選べば、都会的でありながら和の小物も似合うジャパニーズモダンスタイルも作れそうですね。

キッチンの色選びに迷ったら、まずは理想のキッチン空間の雰囲気を思い描いてみることで、納得の色選びができそうですね。

関連リンク

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。