毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

子どものいる家庭のためのシックハウス対策リフォーム

2014/09/01

子どものいる家庭のためのシックハウス対策リフォーム

シックハウス症候群とは「家が原因となって起こる様々な健康被害」のことをいいます。せっかくリフォームをして住みごこちの良い住まいになったとしても、シックハウスにより健康を害してしまっては元も子もありません。特に子どもの健康には配慮したいところです。今回は子どものいる家庭のための、シックハウス対策のリフォームについて紹介します。

シックハウスの原因は?

シックハウス症候群の主な原因の一つは、住宅に使用される建材や家具、日用品などから発せられるホルムアルデヒドやトルエンなどの化学物質であるといわれています。これらの物質が現代の高気密・高密度の住宅によって室内に残りやすくなったため、人体に影響が出るとされています。化学物質以外にも室内の結露などによって発生するカビ、ダニ、ハウスダストなども原因の1つと捉えられています。

対策

換気が不足している室内では空気がこもり、シックハウスの原因となる物質が空気中に溜まりやすくなります。こまめな換気を行うことで、室内の化学物質の濃度を下げ、同時にダニやカビの排除にもつながります。窓は2ヵ所開け、空気の流れを作っておくとスムーズに換気を行うことができます。また、換気扇やシックハウス専用の空気清浄機の使用も効果的です。

自然素材を使用したリフォーム

シックハウス対策として自然素材を使用したリフォームが注目されています。具体的には、しっくいや珪藻土、無垢材、羊毛断熱材などの、シックハウスの原因となる化学物質を発散しない素材を使用することです。自然素材を使用することを基本として、施工時に使われる接着剤や塗料などの素材にも配慮をしてもらうと良いでしょう。また、自然素材は調湿性にも優れており、空気中の湿度を一定に保つ効果があります。このことによりアレルギーの原因の1つでもあるカビの発生を抑えやすくすることができます。自然素材は、湿気だけでなく、空気中の化学物質を吸着する働きもあります。現代の住宅は気密性が高く、空気が室内にこもりがちなので浄化作用のある自然素材はシックハウス対策の強い味方です。子どもの部屋だけ、しっくいの壁に塗り替えるというご家庭もあります。

専門業者に依頼する

シックハウス対策として手っ取り早いのが、シックハウス対策を専門にしているリフォーム会社や工務店にあらかじめ相談することです。専門家から適切なアドバイスをもらい、安心・安全なリフォームを実現させましょう。

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。