毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

みんなはどう使ってる?キッチンすっきり&効率アップ「ハンガーアイテム」とは

2015/11/09

みんなはどう使ってる?キッチンすっきり&効率アップ「ハンガーアイテム」とは

キッチンカウンター奥の壁を活かして、収納スペースにできるトクラスキッチンの「ハンガーアイテム」。調理中よく使う物を、カウンターから少し浮かせて置けるので、カウンターをいつもすっきり奥まで広々と使えます。

実際に「ハンガーアイテム」を使われているユーザーの方の活用アイディアをご紹介します。

立てかけて置ける、「マルチスタンド」

マルチスタンドには、まだ乾燥していないまな板を一時置きできるほか、調理中置き場所に困る鍋フタも立てかけられるので、カウンター上のスペースを取られません。

マルチスタンドの片側を使って・・・こんな活用アイディアも

実際にハンガーアイテムを使われているユーザーのお宅を訪問調査したところ、ロールペーパーホルダーとして活用されている方もいらっしゃいました。

残念ながらサイズによってはキレイにクルクルと回りませんが、調理中キッチンペーパーをよく使用される方には、サッと使えて便利ですね。

ゆったりサイズの、「ラック」

ゆったりサイズのラックは、調味料ボックスが3つ並べられます。

ラックは、料理本やレシピスタンドとして活用することも可能。タブレット端末を立てかけて、調べながらの調理にも便利です。(水濡れにご注意ください)

市販品をプラスして、こんな活用アイディアも

実際にハンガーアイテムを使われている方のなかには、ラックに合うサイズの市販の箱をのせて、頻繁に使う調理用具置き場にされている方もいらっしゃいました。

写真は、無印良品さんの「整理ボックス」を使用しています。

キッチンツール以外にも・・・

他にも、観葉植物や、キッチンハーブ置き場にされている方もいました。
浮かせておけるので、カウンター面も汚れづらいですね。

シンプル形状で、キッチンの使い方に合わせて活用できるハンガーアイテム。他にも様々なアイディアがうまれそうですね(^^)

※「ハンガーアイテム」はステンレス製です。ステンレスは塩分濃度の高い食品の放置やもらいサビ、塩素系洗浄剤により、サビが発生する場合があります。
※キッチンに植物を置く際には、衛生面に十分ご注意ください。

関連リンク

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。