毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

お風呂の温度、何度にしてる? お風呂の医学研究者オススメ健康入浴法

2015/11/26

お風呂の温度、何度にしてる? お風呂の医学研究者オススメ健康入浴法

毎日、なにげなく入っているお風呂ですが、季節ごとにベストな給湯温度はあるのでしょうか? また、これから寒くなるにつれて生じやすいのが、室内と浴室の温度差です。

快適な入浴のコツについて、温泉・お風呂の医学研究者である、東京都市大学の早坂信哉教授にお話をうかがいました。

季節に応じたお風呂の適温は?

医学的には、季節ごとに給湯温度を変える必要はないとされています。健康面から考えると、38~40度が適温でしょう。これは、副交感神経が優位となり、体がリラックスモードになる温度とされています。

寒い季節は、給湯温度が高い方がより温まりそうな気がしますよね。でも実は、40度のお湯にゆっくりつかる方が、体の芯から温まり湯冷めもしにくくなるんです。

42度の境界線!

「高温浴」となる42度以上のお湯につかると、交感神経が優位となります。すると、血圧が上昇したり脈が早くなったりと、体が「活動モード」へとシフトするため、就寝前の入浴には不向きと言えるでしょう。また、給湯温度が42度を超えると、血液の粘度が増すという研究結果も出ています。浴室での思わぬ事故を防ぐためにも、適温での入浴がいいでしょう。

38~40度だとちょっと物足りない・・・と感じる方は、入浴剤や、体を温める効果のある「ゆず風呂」などもいいかもしれないですね。

参考/もう入浴剤はいらない?残り湯を洗濯物にも使える”とっても細かい泡”の白濁湯とは。

正しいお風呂の入り方

入浴するとたっぷり汗をかきます。脱水症状にならないためにも、入浴前に水分補給をしましょう。

寒い季節は、冷えた体でお風呂に入る機会が多くなります。いきなり湯船につからずに、つま先や指先など心臓に遠いところから順番に「かけ湯」をして、体温の変化をゆるやかにしましょう。

お湯につかり、じんわり汗が出てきたら、一度湯船から上がりましょう。汗が出るのは体が温まった証拠なので、無理はせずに、体を洗ったり、頭を洗ったりと休みながら温まることがポイントです。40度のお湯であれば、10分程度が目安です。

もちろん、入浴後の水分補給も忘れずに!

室内と浴室の温度差は何度まで?

冬の時季、家族で過ごすリビングやダイニングは、暖房が利いて快適な温度になっているのに比べて脱衣所・浴室はどうでしょう。寒さを感じる場合は注意が必要です!

65歳以上の高齢者を対象に札幌と福井で行なわれた調査によると、浴室に入る際、脱衣所の室温からマイナス5度以上になると、80%の確率で血圧が上昇するという結果がでています。(日本建築学会技術報告集17 (36),569-572,2011より)

体へのストレスを考えても、リビングや脱衣所の室温と浴室の室温の差を5度以内にキープしておくといいでしょう。とくに、浴室が冷えやすい冬季は、脱衣所を暖房しておくのもおすすめです。

参考/「危ない!」を考える。先を見据えた浴室リフォーム

体が冷えやすい季節だからこそ、体を適切に効率よく温めるバスタイムを目指しましょう。

写真:Thinkstock / Getty Images

取材協力:早坂信哉
東京都市大学 人間科学部 教授
温泉や入浴、健康にまつわる医学的な研究をてがける。一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長。温泉療法専門医。雑誌やテレビ、新聞でも活躍。著書に「たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法」(角川フォレスタ)がある。

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。