毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

寒い冬はこんなお部屋で過ごしたい!ほっこり温まる模様替え

2015/12/03

寒い冬はこんなお部屋で過ごしたい!ほっこり温まる模様替え

寒さが厳しくなる季節、部屋の中では暖かく快適に過ごしたいですよね。
インテリアの素材や色合いを変えるだけの手軽な模様替えで、ほっこり温まる部屋づくりをしませんか?

暖かい素材感をプラスする

部屋の印象を決めるインテリアの素材や色合いは、私たちの体感温度に大きく影響しています。

スチールやガラスのような素材は、固く冷たい印象があるのに対して、木目調の家具ウールのマルチカバーなどは、温かみを感じる素材。インテリアを全て交換するのは大変ですが、例えばスチール製の棚に柔らかい布を敷いたり、クッションカバーやラグをウールやフェイクファーなどの素材に変えたりするだけで、お部屋の雰囲気が温かく変身します。

冬を連想する色+暖色で、シンプルなのに温かい空間に

色合いも大切です。赤やオレンジなどの暖色系の色合いは、人に温かみを感じさせ、実際の体感温度を2~3℃高める効果があるといわれます。

すっきりとシンプルでありながら、温かみのある空間を作るためには、冬を連想する白やグレーをベースに、暖色をプラス。シンプルな部屋は、スタイリングによっては少し冷たく感じがちですが、温かみのある素材や暖色効果で、ほっこりと落ち着く空間を作れそうですね。

ライティングで、あたたかみを演出

素材や色だけでなく、ライティングも体感温度に影響をあたえます。
より温かみのある電球色の光にしたり、照明のシェード素材にこだわったり、間接照明であれば、温かみのある素材(木質家具や暖色の絵画など)を照らすことで、部屋の印象を変えることができます。

楽しい雰囲気を作るには、ガーランドタイプの照明も手軽。壁づたいにたらせば平面的になりがちな壁面に陰影がうまれたり、窓辺に吊るせば夜景に映えて幻想的な雰囲気に。自由に形を変えられるので、様々なアイデアがうまれそうです。

寒い冬も温かな雰囲気のお部屋で、ゆったりと過ごしたいですね(^^)

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。

Tag :

模様替え