毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

新登場!入浴スタイルで選ぶバスルーム。広々空間でリビングのようなくつろぎを

2016/02/01

新登場!入浴スタイルで選ぶバスルーム。広々空間でリビングのようなくつろぎを

皆さんは普段、どのようにお風呂に入っていますか?
全身浴でゆっくりと温まったり、シャワーでさっとすませたり、スマホを持ち込んで半身浴を楽しんだり、朝のシャワーが日課という方もいます。
人それぞれ入浴スタイルは違うから、ライフスタイルに合わせたバスルーム選びをトクラスから新提案。3つのタイプから我が家に”ぴったり”が見つかる、2/1発売のトクラスバスルーム「every(エブリィ)」をご紹介します。

シャワー入浴が中心の方に。効率的で使いやすい「シャワータイプ」

平日はシャワー入浴がほとんどという方や、朝シャワーを浴びてシャキッと活動を始める、という方におすすめなのがeveryの「シャワータイプ」。

立った姿勢のままシャンプーやボディーソープのボトル類に手が届きやすく、また大きなヘッドのシャワーで、快適な浴び心地を楽しめます。

シャワー上部の水がかかりにくい位置にはタオル用ラックを設置。バスルーム内でサッと体を拭けるので、手早くシャワーを浴びたい時に便利で、冬場も寒くありません。

週末など時間にゆとりのある時には、バスタブにつかってのんびりとバスタイムを楽しむこともできます。

子どもから高齢の方まで、誰にでも親切&便利な「カウンタータイプ」

バスルームで肌や髪のお手入れをしたり、子どもと一緒に入って体や髪を洗ってあげたり、あるいは、洗面器を使って洗顔や髭剃りをしたり。そんな入浴スタイルにはeveryの「カウンタータイプ」がおすすめ。

特徴は、洗面器やボトルなどが置けるワイドなカウンター。置いたものを滑りにくくする工夫も取り入れています。

また、カウンターは風呂イスを使うことを考えた高さで、足元のスペースを広くとっているので、足を伸ばしてゆったりと洗うことができます。カウンター形状は握りバーにも近づきやすく、バスタブへの出入りや、洗い場での動作の負担をおさえます。

暮らしに合わせてバスルームをカスタマイズしたい方に、「ベーシックタイプ」

シンプルなバスルームに、必要なアイテムをプラスして、より使いやすい自分仕様のバスルームをつくることができるevery「ベーシックタイプ」。

快適さを叶える基本性能はしっかりと装備しながら、暮らしに合わせてカスタマイズできるシンプルなバスルームです。

例えば持ち物の数にあわせて収納棚を増やしたり、動作しにくい位置や、体勢が不安定になる位置に握りバーを取り付けたりと、暮らしにあわせてアイテムを選び、ちょうど心地よいバスルームを作ることができます。

広々空間で、リビングのようなくつろぎを

everyは3タイプとも、人の動きを3次元で捉えて設計しているので、空間を広くのびのびと使うことができます。

また浴槽では、まるでリビングでくつろぐように、心地よいバスタイムを楽しめます。ゆったりと過ごしたい方向けに、オットマン付きのリクライニングチェアで安らぐような姿勢で入浴できる”全身浴ゾーン”と、アームレスト付きチェアでくつろぐように入浴できる”半身浴ゾーン”。

浴槽のフチを、お風呂で楽しむために持ち込んだ小物を置く”バステーブル”として使えるデザインです。

そのほかにも、浴室まるごとお手入れ簡単な秘密や、冬でもお湯の冷めにくい工夫がいっぱい。トクラスバスルーム「every(エブリィ)」は、全国のトクラスショールームでご覧いただけます(^^)

関連リンク

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。