毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

快適なバスタイムは素敵な空間作りから!バスルームインテリア入門

2016/02/22

快適なバスタイムは素敵な空間作りから!バスルームインテリア入門

バスルームは1日の疲れをとり、心身ともにリフレッシュする癒しの空間。リビングのように、バスルームでもゆったりとした時間を楽しむために、素敵な空間作りからはじめてみませんか?
少しの工夫で変えられる、バスルームのインテリアコーディネートのコツをご紹介します。

容器はそろえてスッキリと

バスルームに不可欠なシャンプー、リンス、ボディソープなどは、メーカーや種類が異なるとどうしてもバラバラした印象に。そこで、バスルームの色合いに合わせた容器に詰め替え、統一感を出すことがおすすめです。

容器の耐久性やコストパフォーマンスを考えると、もっとも扱いやすいのはプラスチックですが、ガラスや陶器などの素材を選ぶと高級感が出ます。色合わせのコツは、バスルームの基調色となる床や壁、バスタブの色に合わせるとよいでしょう。

※詰め替えの際は、毎回きちんと容器を洗い乾燥させてから使用しましょう。

ボディタオルやスポンジ類はどう選ぶ?

容器類とあわせてコーディネートしたいのが、ボディタオルやスポンジ類。素材選びも重要ですが、インテリアの一部として考えた場合、やはり色選びがポイントです。

できるだけ生活感を抑えたい場合は、前述と同様に基調色に合わせるとスッキリ落ち着いた印象になります。壁の1面ないしは2面がアクセントカラーになっている場合は、その色と同系色を選んでも統一感は損ないません。さらに、椅子や桶などのバス用品をトータルであわせると、より効果的です。

参考/手?タオル?ヘチマ?体って何で洗えばいいの?

バスルームにグリーンを

インテリアの工夫がしにくいバスルームでも、観葉植物を置くことで癒しの空間をつくることができます。バスルームにもおすすめで、比較的にお手入れがラクな植物は、窓の有無で変わります。

窓があるバスルームの場合

ポトス、アジアンタム、シンゴニウムなど。

窓がないバスルームの場合

アイビー、プレクトランサスなど。
※定期的に日光浴をさせる必要あります。

観葉植物をバスルームで楽しむなら、器にハイドロカルチャーを入れて水耕栽培するのがおすすめ。他には、カラフルなカラーサンドを入れて色合いを楽しむこともできます。湿気の多いバスルームのでは、アルミなどはサビやすいので、器の素材選びも大切なポイントです。

物の置き場所は収納棚で最適化

バスルームをスッキリ見せるには、物の置き場を決めることもひとつのポイントです。

トクラスバスルーム「every(エブリィ)」の収納棚は、使い方や収納物に合わせて自由に組み合わせることができます。中棚をトレーからワイヤーラックにすることで、石鹸やスポンジなどの水切れを気にする必要がなくなりますよ。

さらに、浴室に合わせて洗面室もトータルでコーディネートすることで、より統一された空間を演出できます。
まずは、簡単に変えられる部分から取り入れてみてくださいね。

参考/あなたはどのタイプ?自分らしいバスルームは自分らしい色選びから

写真:Thinkstock / Getty Images

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。