毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

PC疲れも吹っ飛ぶ!お風呂で「ヘッドスパ」のすすめ

2016/06/23

PC疲れも吹っ飛ぶ!お風呂で「ヘッドスパ」のすすめ

1日の疲れをリセットしてくれるバスタイム。以前に「お風呂に入りながらできる“セルフマッサージ”の方法」を教えていただいたパーソナル・セラピストの小松ゆり子さんに、今回はその続編として、お風呂でシャンプーしながらできる「頭皮マッサージ」のコツを教えていただきました。それでは、ご紹介いたします。

まずは頭皮のウォーミングアップ!

頭皮マッサージの効果をさらに上げるために、まずは湯船の中で頭皮をゆるめるウォーミングアップをしておきましょう。

ステップ1:百会のツボを刺激する

頭のてっぺん部分、耳の端をつないだ線と、顔の中心線が交わるところに「百会(ひゃくえ)」というツボがあります。すべての臓器につながる大切なツボで、ここを刺激することで抜け毛や肌荒れ、目の疲れや肩こりに効くとされ、自律神経を整える作用もあるといわれています。まずは百会に指を置き、やさしく押し込むように刺激してください。

ステップ2:髪を指で握って、頭皮を動かす

髪の根元に手を差し入れ、髪の毛をギュッと握ります。頭皮がグイッと動くのを感じたら、手を離してゆるめます。ギュッギュッギュと何度かリズミカルに繰り返すと、頭皮の下にある筋肉が刺激され、血行が促されます。気持ちよく感じる場所をみつけるように、腕が疲れすぎない程度に行いましょう。

ステップ3:耳をほぐす

耳の周囲をほぐすと、頭部の筋肉がゆるみやすくなります。まずは耳の端をそっとつかみ、耳の穴が気持ちよく広がる程度に、横、上、下へとゆっくりひっぱります。さらに、耳の中に指を入れ、耳やその周囲をほぐすと目のまわりもスッキリするので、仕事中にも効果的ですよ。

シャンプーをしながら「頭皮マッサージ」頭部にある3本の経路を刺激する

頭部には3本の経絡(ツボをつないだ道)が走っています。この経絡を意識しながらシャンプーをすることで、ツボを刺激するだけでなく、同時に頭の筋肉をほぐすことができます。頭の筋肉は、首、肩、背中へとつながる場所なので、頭のマッサージはパソコンの使い過ぎなどによる首や肩のこりにも効果を発揮してくれます。

まずは、頭部の中心にある「督脈(とくみゃく)」を意識しながら、指の腹でシャカシャカ洗うように刺激してください。この経路には重要なツボが多く、自律神経のバランスを整える働きがあります。力を入れ過ぎず、頭皮を動かすようにやさしくマッサージしましょう。また、中心から左右に5cmほど離れた「膀胱経(ぼうこうけい)」は、頭から背中全体へとつながる経絡です。督脈と同じように、縦のラインを意識しながらシャカシャカと刺激しましょう。人間のエネルギーや精力にかかわる経絡でもあるので、疲れ気味の方におすすめです。

側頭筋と胆経を刺激する

頭部のこめかみ部分には「側頭筋」と呼ばれる筋肉があり、ここをほぐすことで肩や首の緊張をやわらげることができます。また、側頭部には「胆経(たんけい)」と呼ばれる経絡もあり、イライラを沈めたり、筋肉の緊張をほぐす作用があるといわれています。耳を中心にして、円を描くようなイメージでマッサージしてください。

後頭部のふくらみ部分(上項線)を刺激する

最後は、後頭部のふくらみ部分にあたる「上項線(じょうこうせん)」を刺激します。首、肩、背中の筋肉の付け根にあたる場所で、パソコン疲れなどによる筋肉のコリをやわらげる効果があります。頭皮を動かすことを意識しながら、指でやさしくシャンプーしてみてください。

頭皮マッサージの注意点としては、腕を上げながら行うので、あまりがんばりすぎないこと。腕や肩が疲れない程度にマッサージしてくださいね。

このように、シャンプーをしながら頭のコリも解消できれば、まさに一石二鳥です!さらに、入浴スタイルを考えて作られたトクラスのバスルーム「every(エブリィ)」なら、癒しのバスタイムをより充実の時間にすることができますよ♪

参考/入浴の心地よさにこだわる!リクライニングチェアのような安らぎ感を目指したバスタブ

参考/入浴ついでに簡単!セラピストが教えるセルフマッサージのコツ

取材協力:小松ゆり子
パーソナル・セラピスト/「Touch for World」主宰。「心と身体、世界をつなぐ」をテーマとし、南青山 のアトリエ「corpo e alma」を中心にセラピーやセミナー活動を行う。東洋的な押圧とロングストロークやストレッチングを多用し、植物や鉱物の力をフュージョンさせたオリジナルメソッド「VITAL touch therapy」を提唱し、密度の濃い「パーソナル」なスタンスでオーダーメイドの施術を行っている。音楽、カルチャーとセラピーを融合するイベントも多数開催。
YURIKO KOMATSU

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。