毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

明け方の空を染める、曙色(あけぼのいろ)をキッチンに

2017/01/05

明け方の空を染める、曙色(あけぼのいろ)をキッチンに

曙色(あけぼのいろ)とは、明け方の空の色のような黄みをおびたピンク色をさします。心がすっと静まるような神秘的な色合いですね。東雲(しののめ)色とも呼ばれ、江戸前期に京で考案された、白い裾に上部を紅や紫でぼかした模様染め「曙染め」が流行した際の色といわれています。

「曙色(あけぼのいろ)」のキッチンで、毎朝を清々しく

朝焼けに染まった東の空のような、曙色(あけぼのいろ)をキッチンに。

インテリアのなかで差し色になる鮮やかなカラーでありながら、黄みをおびたやわらかいピンク色なので、木質系インテリアにも上品になじみます。

寒い朝も、あたたかい気分で迎えることのできる曙色。毎朝清々しく、1日のスタートをきることができそうですね。

写真:gettyimages

関連リンク

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。