毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

お子様の独立を機に、ご夫婦二人の暮らしを楽しむ寛ぎ空間へリフォーム

2017/01/17

お子様の独立を機に、ご夫婦二人の暮らしを楽しむ寛ぎ空間へリフォーム

約20年間暮らしたマンションを、お子様の独立を機に、ご夫婦二人だけの暮らしにあわせてリフォームされた、神奈川県のS様。海まで歩いてすぐという立地にふさわしい、リゾートホテルの一室のような、居心地がよく、機能的にも満足のいくリフォームをご要望されました。

キッチンは使いやすさと居心地のよさを両立

ゆったりと過ごせるように、家事をしながら眺める景色にこだわり、壁面を向いていたキッチンを、バルコニー向きに変更。ダウンライトや間接照明をくみあわせて、壁面には陰影を生み出すタイルを採用し、居心地のよさを追求しました。

キッチンで最もこだわったのは扉カラー。対面キッチンのため、リビングの雰囲気にも影響します。何度も悩みながら、最終的に奥様の感性にあった「薄赤銅(うすしゃくどう)色」に決まりました。

さらに、他のリフォーム箇所もキッチンのトーンに合わせることで、全体の雰囲気をまとめています。

使用していない洋室を、納戸&パントリーに変更

マンションの限られた広さのなかで収納力を高めるため、洋室の一部を納戸とパントリーに変更しました。

また、キッチンから納戸への通路にはカップボードと家電収納を配置し、さらに残りの空きスペースにも、可動棚付きの収納を造作。リフォーム前はキッチンからあふれていた物も、余裕をもって納められるようになりました。

当初はキッチン水栓の交換だけの予定が、「せっかくだから」と、キッチンを中心に全改装となった、今回のリフォーム。お施主様のS様も「夜、音楽を聴きながらの食後のコーヒーが特に最高。リフォームをして良かったと心から思っています。」と語る、大満足のリフォームになりました。

関連リンク

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。