毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

リフォームいらずの間仕切りインテリア

2014/10/29

リフォームいらずの間仕切りインテリア

部屋数は足りないけど、パソコンスペースが欲しい、書斎が欲しい、兄弟で部屋を分けたい……。壁を作ると大掛かりな工事が必要なだけでなく、部屋が狭くなって圧迫感を感じがち。場合によっては外の光が部屋の奥まで届かなくなります。そんなときは、部屋を間仕切りで簡易に区切ることをおすすめします。

固定するのか、動かすのかを考える

間仕切りには「固定式」と「可動式」があります。固定式は、設置したら動かしにくいタイプの仕切り。たとえば天井からの突っ張り式ボード、ラダー、ラックなどです。独立した空間をつくる場合におすすめですが、移動しにくいため、計画性が必要です。

一方、可動式は、開閉や取り外しが簡単にできるもの。和室の襖(ふすま)もその一種といえます。ほかには衝立(ついたて)、パーティション、カーテン、簾(すだれ)、ロールスクリーンなどがあります。固定式に比べ、用途に応じてフレキシブルに空間の使い分けができるのが特徴です。

高さと可視度で決まる「仕切り」レベル

「仕切り」としてのレベルを左右する要素は2つあります。

1つめは「高さ」。天井から床までが覆われているのと、背伸びをすれば向こうが見えるのでは、間仕切りの程度が違います。天井までの高さがある場合、仕切り部分の面積が大きくなるので存在感、圧迫感があります。インテリアにマッチした間仕切りの素材や色を注意深く選ぶ必要があります。

2つめが「向こうが見えるか見えないか」、つまり可視度です。格子やラダー、半透明の素材(アクリルパネルなど)、同じラックでも表裏が貫通したオープンラックだと可視度が高くなります。

可視度が高い間仕切りは、個室としての機能は低くなりますが、圧迫感がなく、部屋が広く見えるというメリットもあります。しっかり間仕切りしたいのか、あるいは目隠し程度の間仕切りでよいのかを考えて高さや素材を選びましょう。

お手軽間仕切りで、魅力的な空間を

既に部屋にあるアイテムや、家具を使って手軽に仕切ることもできます。間仕切り自体に機能をもたせることで、より空間を有効活用できるでしょう。

お手軽なのは、突っ張り棒と布を使ってカーテンやパーティションにする方法。その他にも、ソファーやチェストなどを組み合わせて間仕切りにしたり、パーティションにフックや棚などを取り付けて小物の収納場所を兼ねたり、オープンラックで仕切れば両側から棚としても活用することができます。

空間を有効に活用でき、模様替え効果も大きいリフォームいらずの間仕切りインテリア。手軽にトライしてみませんか。

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。

Tag :

模様替え