毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

お部屋のお掃除。家族1人にとりあえずボックスを作る

2014/08/04

お部屋のお掃除。家族1人にとりあえずボックスを作る

急な来客の予定が入って、リビングを片付ける時間の余裕がない時や、そもそも片づけること自体が億劫だなと思う事はありませんか?そんな時便利なのが「とりあえずボックス」です。「とりあえずボックス」とはその名の通り、とりあえず、一時的な物の保管場所です。使った物はすぐに元の位置に戻し、不要であればすぐに捨てられるのが理想的ですが、実際はお部屋の中が物でどんどん溢れていってしまいがち。「とりあえずボックス」を活用してリビングを快適な空間に保つ方法を見ていきましょう。

1人1個、「とりあえずボックス」を用意する

家族1人につき1個の「とりあえずボックス」を用意します。ボックスは段ボールでも何でもかまいませんがリビングに馴染む素材・柄だとより良いでしょう。毎日届く家族宛ての手紙やDM、ソファの上に脱ぎ捨ててある旦那さんのワイシャツや靴下、床の上に転がっている子どものおもちゃ、奥さんの読みかけの本などは「とりあえずボックス」の中へ。来客があった時は、目立たない場所に移動させておきます。とりあえずボックスの良いところはあまり細かく考えずにボックスの中に物を入れられるところです。細かい仕分けが苦手という方でもどんどんボックスを活用していきましょう。ついつい物を置いて散らかりがちなテーブルやソファの上をすっきりと保つ事ができます。

こまめに点検して、入れっぱなしにしない

とりあえず何でも入れてしまえるので便利なのですが、入れっぱなしにしておいたままだと「とりあえず」ではなくただの物置と化し、いずれボックスの中は物で溢れかえってしまいます。中身の物を保管する期間はあらかじめ設定しておき、期間が過ぎたら意識して空にするように心がけましょう。「とりあえずボックス」の中身を家族に確認してもらい不要な物は捨て、別の部屋から持ってきた物であれば元の位置に戻します。また、「とりあえずボックス」に入る頻度の高いものは、リビングでよく使われる物なのでリビングに保管場所を移動させるようにすると良いでしょう。

「とりあえずボックス」を活用して、清潔なリビングを保つ

ここまでできたら、だいぶリビングはすっきりしますし、いざ本格的に片づけをしようと思った時も、片づけのスピードがアップします。基本的にリビングというのは放っておくと物がどんどん増えていく場所です。収納の負担をなるべく軽くし、「とりあえずボックス」を活用してこまめに整理整頓することで清潔感のある室内が維持できます。自分のボックスは自分で管理してもらうように家族にお願いすれば負担も軽減されます。気軽にできるのでぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。

Tag :

収納