毎日の暮らしをハッピーにしよう。リフォーム&ライフスタイル情報メディア by トクラスリフォームクラブ

MENU

SEARCH

疲れがとれて癒される 快眠ベッドマットレスの選び方

2014/11/21

疲れがとれて癒される 快眠ベッドマットレスの選び方

1日の約3分の1を過ごすベッド。マットレス選びは睡眠の深さに大きく影響するので、自分の身体に合っているかどうかはとても大切です。今回はゆっくりと快眠できる、自分に合ったマットレスの選び方を紹介します。

「低反発タイプ」と「高反発タイプ」のどちらがよいか

ベッドのマットレスには大きく分けて「低反発タイプ」と「高反発タイプ」の2種類があります。「低反発タイプ」の特徴は身体が沈みこむほど柔らかく、しっかりとフィットして包みこまれることです。体の凹凸にそって支え、体重を均一に分散するため、身体の一部に負担がかかり過ぎることを抑制します。そのため、色々と体勢を変えても心地良く眠ることができるのが「低反発タイプ」の魅力です。また、保温性があり、身体を温める効果もあるので、冷え性の方におススメです。

「高反発タイプ」は力をくわえても元に戻る力が強いため、耐久性があり、長い期間使用するのに適しています。また、通気性にも優れているので蒸れにくく、梅雨の時期や夏場でも爽やかな気持ちで眠れます。洗濯ができるタイプも多いので、小さなお子さんやペットがいる家庭にはおススメです。

買う時は実際に寝心地を確かめてみる

お店には、金額が高いものから安いものまで種類豊富に取り揃えられています。ここで注意しておきたいことは、金額が高いものが必ずしも自分にフィットするとは限らない、ということです。

素材の質や構造、ブランドイメージがよくても自分の身体には合わないこともあります。お店に行ったら、実際に手で押してみたり、座ってみたりすることはもちろん、横になったり、普段寝ている姿勢になったりして寝心地を確かめることも大切です。仰向けになった状態で、直立不動のときと同じ背骨のS字ラインが保たれ、均等に圧力が分散されていれば理想的な睡眠姿勢です。

背中とお尻に集中して負担がかかる、柔らかすぎて全体的に沈み込んでしまう、というものは後々身体の不調を引き起こす原因になります。身体に合わないマットレスを使い続けると、快眠どころか健康を害してしまうおそれもあるのです。

お店によっては、お試し期間があるところや、一定期間内であれば返品可能なところもあります。このようなお店であれば、実際に使用して合わないと感じたときにすぐに対応してもらえる安心感がありますね。

※本記事の情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「リフォームマガジンとは」及び「ウェブサイト利用条件」をご覧ください。

Tag :

模様替え